フランス語の動詞の活用を、最も効率的に覚える方法を解説しています。覚え方にはコツがあります。

フランス語の半過去

直説法半過去

直説法半過去の語幹は、直説法現在の nous の時の活用と同じ語幹になります。
être だけ例外で、まったく違う形になりますが、それ以外は不規則動詞でも、すべてこの作り方で作られます。
直説法半過去の語尾は、不規則動詞でも例外はありません赤字部分)。

半過去の je と tu はまったく同じ形になります。
il は、語尾の s が t に変わった形です。
このように、je, tu, il で末尾が -s, -s, -t と変化するのは、よくあるパターンです。
規則動詞の場合、nous, vous は直説法現在に i が入った形と同じです。

フランス語では、原則として語尾の st は発音しません。加えて、(半過去に限らず、どの時制でも) 3 人称複数の語尾 -ent は一切発音しませんから、je, tu, il, ils はまったく同じ発音となります。

donnerfiniravoirêtrefaire
(現在の nous)donnonsfinissonsavonssommesfaisons
je
tu
il
nous
vous
ils
-ais
-ais
-ait
-ions
-iez
-aient
donnais
donnais
donnait
donnions
donniez
donnaient
finissais
finissais
finissait
finissions
finissiez
finissaient
avais
avais
avait
avions
aviez
avaient
étais
étais
était
étions
étiez
étaient
faisais
faisais
faisait
faisions
faisiez
faisaient


direcroiresavoirpouvoir
(現在の nous)disonscroyonssavonspouvons
je
tu
il
nous
vous
ils
-ais
-ais
-ait
-ions
-iez
-aient
disais
disais
disait
disions
disiez
disaient
croyais
croyais
croyait
croyions
croyiez
croyaient
savais
savais
savait
savions
saviez
savaient
pouvais
pouvais
pouvait
pouvions
pouviez
pouvaient


直説法半過去の意味・用法については、文法編の「直説法の8時制 (3) 半過去」を参照してください。

【カタカナ発音】
donner (与える、ドネ):「ジュ ドネ、チュ ドネ、イル ドネ、ヌー ドニオン、ヴー ドニエ、イル ドネ」
finir (終わる・終える、フィニール):「ジュ フィニセ、チュ フィニセ、イル フィニセ、ヌー フィニスィオン、ヴー フィニスィエ、イル フィニセ」
avoir (持っている、アヴォワール):「ジャヴェ、チュ アヴェ、イラ ヴェ、ヌーザヴィオン、ヴーザヴィエ、イル ザヴェ」
être (~である、エートル):「ジェテ、チュエテ、イレテ、ヌーゼチオン、ヴーゼチエ、イルゼテ」
faire (行う、フェール):「ジュ フゼ、チュ フゼ、イル フゼ、ヌー フズィオン、ヴー フズィエ、イル フゼ」

dire (言う、ディール):「ジュ ディゼ、チュ ディゼ、イル ディゼ、ヌー ディズィオン、ヴー ディズィエ、イル ディゼ」
croire (思う、クロワール):「ジュ クロワイエ、チュ クロワイエ、イル クロワイエ、ヌー クロワイイヨン、ヴー クロワイイエ、イル クロワイエ」
savoir (知っている、サヴォワール):「ジュ サヴェ、チュ サヴェ、イル サヴェ、ヌー サヴィヨン、ヴー サヴィエ、イル サヴェ」
pouvoir (~できる、プーヴォワール):「ジュ プーヴェ、チュ プーヴェ、イル プーヴェ、ヌー プーヴィヨン、ヴー プーヴィエ、イル プーヴェ」








ページトップへ
戻る

t:9 y:69









本サイトは、北鎌フランス語講座 - 文法編読解編ことわざ編
姉妹サイトです。あわせてご活用ください。



powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional